6年生 すべての投稿

オンラインで授業を行いました

5,6年生が「ソーラーパークひちそう」について

オンラインで学びました。

本来ならば現地へ行って学習するところですが、

緊急事態宣言を受けて見学や講師の招聘を見合わせました。

役場の企画課の方々の助けを借りて、運営する会社の方から

説明を受けました。

 今日の様にオンラインで外部講師と

つながる授業は神渕小学校でも初めてでした。

何度も試行錯誤をしながら、子ども達の学びの手段として

これからも活用できれば、と思います。

このごろ七宗の各地区でもソーラーパネルを目にするようになりました。

日本はもとより、地球温暖化を抑制する対策として、

脱炭素化を目指して様々な国が取組をしています。

さらに、神渕のヒノキやスギの豊かな森林が有効活用されるような技術を生み出し、森や緑、神渕の自然を守りつつ、人々が一層安心して創造的に生きていける社会になってくれればと願っています。